副業する時間がない人はタクシー運転手がおすすめ【月に17日の休み】

タクシーの画像転職 就職

こんにちは勝です。

副業を考えている人の中には 時間がなくて一歩を踏み出せない

そんな人も多いと思います

私も その一人で 今の仕事では 1日12時間勤務なので

帰宅すると 食事と風呂がせいいっぱい

1日の時間は誰も平等なので なんとか工夫しないと

副業どころか趣味や娯楽さえもないですよ

こんな仕事と家の往復だけの 人生で終わりたくない

そんな問題を解決してくれるタクシードライバーについて

解説しますね

内容は 過去の会社の(倒産したアゼクラ)後輩が

MKタクシーに転職していたので

それを もとに解説します

 

副業する時間がない人はタクシー運転手がおすすめ【月に17日の休み】

2021年10月 コロナが落ち着いて選挙が始まり

街中の飲食店も すこーしだけ活気が戻りつつある今

タクシーというのは 贅沢な支出なので 景気に左右されやすい業種

特に 在宅勤務や不要不急の外出自粛ともなれば タクシーの需要は激減でしょう

 

今回 久しぶりに会った以前の会社の後輩 A君に聞いた話と

私が タクシーに乗車した時に ドライバーにインタビューした

話をもとに 記事を書いています


社宅・寮付きのタクシー求人は【タクQ】 無料転職支援サービス





 

以前の会社が倒産する前に 私は転職していましたが

A君は倒産まで勤務しており しばらくは 会社都合による

失業保険で つつましく生活し転職活動をしていました

 

しかし準備期間なしの転職活動は かなり難しかったようで

面接にすらたどりつけなかったと

 

転職準備は大事ですね

そこでA君は 背に腹をかえれず

高齢者業種のイメージの タクシードライバーに応募したのです

 

それが京都で有名なMKタクシー

 

私も 興味津々でしたので 根掘り葉掘りと 話を聞きました

すると 意外な話を聞けたので 今後の転職の選択肢の一つに

 

しかし 普通にタクシーに乗って 運転手に業界の話を聞くと

暗い話や デメリットばかり まるで愚痴ですね

給料は安い 免許なくなれば 今更転職できないから

やらないほうがいいよ

 

A君の話とは 正反対でした

そこで 私が色々と調べて メリットとデメリット

そして 副業がやりやすいことも 解説しますね

タクシードライバーになれる条件

運転免許さえあれば 誰でもできる底辺の仕事と思われがち(A君いわく)

しかし どんな仕事でも底辺の仕事なんかない

免許もってても タクシードライバーになれない 面接落ち ざらにあるそうです

 

そこでタクシードライバーになれる 最低限の条件とは

普通免許を取得して3年以上じゃなければダメ
過去5年の運転記録証明を提出し 重大な違反事故がないか(特に飲酒系)
健康診断を受け その診断結果により合否が決まる
これは 最低条件であり 接客業なので 清潔感があるか 真剣に仕事に取り組めるか
などなど 普通の企業の面接と なんら変わりはありません
免許取得3年以上というのは タクシードライバーになるために必要な
2種免許 を取得できる条件だからです
なので 最年少でも21歳からということになりますね
ちなみに 多くの会社が2種免許取得費用を会社負担でとらせてもらえます
ただし2年以内に退職すると 取得費用を会社に返さなければいけません
最低2年はやめられないということですね。
過去5年の運転記録証明ですが これは私も佐川急便の面接時に提出しました
運転系の仕事では 必須です
運転記録証明の入手方法は
こちら 自動車安全運転センター公式サイト
速度違反や事故 特に酒気帯びなどは かなり難しいでしょう
社会的にもアウトですからね
これらの 運転記録から性格や日頃の行動がわかりますよ
当たり前ですが 飲酒運転する人を 一般企業でも雇いたくないでしょ
運転系以外の就職では運転記録証明が不要なので ばれてないだけで
全ての企業が 運転記録証明の提出を求めてきたら …….
まぁ 人の命を預かる仕事なので 日頃から安全運転を
健康状態ですが 近年ニュースでも話題になる
運転中の病気の発作
電車 バス タクシー 一般車でも 突然の心筋梗塞で暴走 人をはねる
そんな事故が多発してますよね
だから 健康診断の結果を見て 合否が決まります
特に高血圧や糖尿病 うつ病などは 会社も採用しないようです
でも改善の余地があるなら 問題ないようです

タクシードライバーの働き方

タクシー=旅客業

なので 国から厳しい規制があります

1か月の勤務時間制限

休憩休息の規制

走行距離の規制

これら色んな決まり事があるので それ以上働きたくても働けないシステムです

 

働き方 勤務時間や日数 休み などを詳しく解説されている

現役タクシードライバーの masakiさんのブログ

マサきっとブログが とても参考になります

【タクシー隔日勤務】の労働時間は?現役乗務員が実情を明かします
タクシーの特殊な働き方の隔日勤務。一日、一か月どの位働くのかになるところです。タクシーの仕事に興味ある方は実際自分が隔日勤務で働けるか不安になりますよね。現役タクシー乗務員の私が現場の声を生でお伝えします。この記事を読めば隔日勤務のことを完全に理解できますよ。

後輩のA君も言ってましたが デメリットは

稼げる上限がある とのこと

たとえで言ってましたが 出前や持ち帰りのない 飲食店と同じで

1秒でも客を乗せてないと売り上げがない

 

まさしく 客がいなければ 売り上げはない

営業マン時代は いくらでも稼げたけど 今は天井があるから

のんびりやってるとのこと

 

休みが多いため 暇をもてあましてるとか

副業については 聞かなかったが してない様子

ひとつ言っていたのが 生活習慣になれるまで 1か月はかかったとのこと

きちんと自己管理しないと 不摂生な生活リズムになりやすいと

 

営業時代は 土日祝は出勤だったけど 今はシフト制で家族との時間が

とりやすくなって 充実してるみたい

 

それと 休憩時間がたっぷりあるので 散髪や病院とか

勤務中にすませられるので 休日は完全なオフとのこと うらやましい

まぁ 営業時代もできましたけどね。

 

あと 食事ですが彼は弁当を持参しているようです

いつ どこにいるか その日によって違うので 弁当が便利とのこと

外回り営業をするなら弁当が最適な理由【25年の体験談】
外で仕事をしていると 外食に困ることが多いです。本当に! 特に 住宅街などはコンビニすら少し移動しなくてはいけないので面倒です。 そこで いつでも どこでも自由に昼食をすませることが出来る お弁当が、お勧めです。 お店に入ろうものなら注文を考え、提供されるまでの時間が本当に無駄です。 弁当なら早ければ5分 長くても10分で済ませることができます。 何より 外食費で700円を毎日消費すると考えたら出費がすごい無駄です。 月に12000円~15000円は昼ご飯で消えてなくなります。 ただ お弁当といっても、奥が深いんです。 それらを 全て私の体験から解説します。 私は25年以上 外回りの営業をしてきましたので弁当には一定のルールがあることを 体験しました。

タクシードライバーの給料

気になる 収入を聞きましたが

A君は 25万~50万のあいだで 月によって ばらつきがあると

いわば 完全歩合制のフルコミ営業と同じ

平均は30万以上とのこと ボーナスはなしに等しい

 

年配者で年金受給者は 年金額が減らないよう 売り上げを少なく調整してるとか

若い世代で 普通にさぼらずやれば 一般サラリーマンと同じくらい

収入はあるよう 年収で400万~500万くらい

中には 600万以上のドライバーもいるとか

 

A君が 心がけているのは 自分だけの顧客を増やすこと

病院に定期的に通う お客さんに必ず 個人携帯の番号を伝えて

まだ50人くらいだけど 指名があるのはうれしいと

タクシー乗り場や 流しで空車 客待ちしてるより 顧客をもってると強い

営業時代からの工夫ですね

タクシー会社の選び方【最重要】

A君いわく 会社選びが最重要とのこと

基本システムは どこも同じなようで

ポイントは

事故おこした時の会社の対応 自腹か会社負担か
業務ツール 自動日報など ドライバーの負担を軽減してくれるツールがあるか
収入に直結する 歩合率や高歩合の条件
定年年齢 いつまで働けるのか 定年後の再雇用の条件など
通勤において なるべく近くの会社で条件の良い会社 遠いと通勤つらい
基本 公共交通機関での通勤は困難なので マイカー バイク 自転車通勤とのこと
たしかに インタビューしたドライバーも言ってましたが 事故は自腹と
1か月の売り上げが 一瞬にして0
A君いわく 大手の会社なら 定期的に会社説明会をしてるので
一度は絶対に行ったほうがいいと
タクシー業界未経験の人は どの会社がいいのか まったく見当もつかないとのこと
そこで タクシー専門の求人サイトが おすすめだと


直接応募より こちらからの応募なら
入社祝い金が15万~20万もらえるので サイト経由での転職が断然お得とのこと
会社によって 専用乗り場を持ってるとか 福利厚生で寮や風呂 食堂の有無
色々とあるみたい

まとめ

タクシードライバーは 休日が多い

余暇の時間で副業がしやすい (ほとんどの会社が副業をすすめてる)

社会保険があり 60代以上でもイデコに投資できる

3か月もすれば コツや要領がわかり 無駄なく効率的に稼げる

60歳超えても 正社員で働けるのは希少

タイトルとURLをコピーしました